QRコードを読み込んで、携帯サイトへアクセスできます。

眼科・診療案内

HOME / 眼科・診療案内

花粉症

花粉症

花粉症といえば、スギ花粉が有名ですが他にも原因となる花粉は数多く存在します。

花粉症はアレルギーの代表的な病気です。

アレルギーにはこのほかに、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などがあります。

花粉症対策としては、飛散が多いと予想される日の外出を避けること、また外出の時はマスクやメガネを着用すること、帰宅時は屋内に花粉が入らないようにすることなどが大切です。

アレルギー性結膜炎(花粉症)

アレルギー性結膜炎は、アレルギー反応が原因で起こる結膜炎です。

結膜炎といっても細菌やウィルスが原因で起こる感染性結膜炎とは違い、他人に伝染したりはしません。

症状としては、目のかゆみ、ゴロゴロした感じ、目ヤニ、充血などが特徴的です。

ソフトコンタクトレンズが上にずれるといったことも多いようです。

原因としては、ダニ、ハウスダスト(家の中のほこり)、花粉、ペットの毛、コンタクトレンズの汚れなどが考えられます。

早めの治療を

アレルギー疾患(花粉症やアレルギー性結膜炎)の治療は、セルフケア(自己管理)とメディカルケア(医療機関での治療)の両者が重要です。

当クリニックでは、セルフケアの指導をはじめ、花粉症によるつらい鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、ゴロゴロ感などの症状を緩和するために点鼻薬、点眼薬、内服薬を処方していますので、お気軽にご相談ください。

麦粒腫 (ものもらい、めんぼ、めばちこ)

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺に、黄色ブドウ球菌が感染し、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気です。

一般的には、ものもらい、めんぼ、めばちこなどと呼ばれています。

売薬の目薬を使っても 2 ~ 3 日で治らないときは、早めに眼科に罹ってください。

1週間以上にわたって放置すると、周囲に肉芽が出来て、しこりとなりきれいに治りにくくなります。

抗生物質の点眼や内服を使っても化膿がおさまらず、膿点がはっきりしてくれば、切開して膿を出した方が早く楽になります。

日常コンタクトレンズを使っている方は、瞼が腫れたり痛かったり、少しでも異常を感じたら、絶対にコンタクトレンズを入れない様にしてください。

またレンズを装脱する時には、必ず手をよく洗って不潔にならない様に十分注意してください。

霰粒腫

霰粒腫 (さんりゅうしゅ)とは、まぶたのところにある脂肪の分泌腺がつまってしまい、脂肪のかたまりができてしまうことを霰粒腫といいます。

涙にも脂肪の成分がふくまれていますが、目の表面の涙にある脂肪を供給するマイボーム腺というところがつまってしまうと霰粒腫になってしまいます。

体調が悪くなるとマイボーム腺がつまりやすくなる方もいらっしゃいますし、目のまわりに細菌がついていて不潔な状態にしたままでもマイボーム腺が閉塞する可能性があります。

脂肪のかたまり(霰粒腫)の部分に炎症が生じると、まぶたが腫れてしまいとても痛くなってしまいます。

このように、炎症が生じているときには、抗生物質の目ぐすりや内服薬などで炎症をおさえる治療が必要になります。

ある程度炎症がとれて、まぶたの腫れや痛みがとれている状態で霰粒腫が残ってしまうと手術で切除する必要性が出てきます。

治療法は局所麻酔をして、結膜側や場合によっては皮膚側からも切開して、内容物を掻爬(そうは)し摘出します。

コンタクトレンズについて

眼科医の検診指示なしに使用していると、危険な障害を起こすことがあります。
メガネとは異なり眼の中に入れるものであるので、常に清潔に保ち、無理な装用は避けなければなりません。
そのためには充分なコンタクトレンズの管理と、長時間装用を避けるためのメガネの併用が必要です。

ドライアイ

ドライアイとは、涙による保護効果が不充分な為に引き起こされる病気です。
涙は黒目の表面(角膜)を膜状におおうことによって角膜を保護しています。
涙の量が減ったり、涙の成分が変わってしまうことで目が乾き、角膜や結膜に障害が起こり放っておくと、視力が低下したり、目の感染症を引き起こしてしまいます。
しかし、初期症状はとてもあいまいで、自分で気づきにくい病気なのです。

緑内障とは

緑内障

緑内障(りょくないしょう)とは、眼球内部で産出された液体「房水(ぼうすい)」がなんらかの理由で外部に排出されにくくなり、 眼球内の圧力(眼圧)が上がることにより視神経が損傷し、これにより視野狭窄をきたす病気です。(眼圧の正常値:10~21mmHg)

または眼圧は正常であるにもかかわらず、視神経が損傷し、視野に欠損がみられる病気です。

一度喪失した視野は二度と回復することがないため、失明の原因となる場合があります。

日本では、糖尿病性網膜症に次いで2番目の失明の原因となっています。

視野狭窄は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、緑内障は2000年の疫学的調査からは40歳以上の17人に1人が罹患しているという結果が報告されている非常に身近な身近な病気です。

積極的に健康診断や定期健診を受けましょう。

緑内障の症状

急性のもの

急に眼圧が上昇し、急性発作を起こします。
急性発作は視力障害、眼痛、悪心、嘔吐、充血も合併します。

慢性のもの

初期は無症状か疲れ眼のような症状ですが、10年、20年と長い間に徐々に進行し、視野が狭くなったり、視力が落ちたりしてきます。

視野障害の進行

緑内障 視野障害の進行

軽度

見えない面が目の中心から少しずれて見れます。
基本的に自分では気づくことはありません。

中度

見えない面が広がってきます。
しかし、自分では気づかない場合もあります。

重度

見えない面が更に広くなって、視力も低下し、日常生活に支障を来します。
そのままにしておくと失明することも多いようです。

緑内障の原因と種類

閉塞隅角緑内障

激しい眼痛や頭痛、腹痛、吐き気や嘔吐などの症状とともに突然襲ってくる急性の緑内障です。
これは房水の排出口(隅角)が塞がれてしまい、眼圧が急激に高くなってしまうため起こります。
このタイプの緑内障の発症に伴い頭痛などが起きると、眼科の病気ではなくて内科の病気と間違えられやすく、治療が遅れて失明してしまうケースもあります。

原発性開放隅角緑内障

房水の排出口(隅角)は開いていますが、排水路(線維柱帯、シュレム管)が詰まってしまい、房水がうまく流れなくなるために、眼圧が高くなります。
初期はほとんど自覚症状がありませんが、少しずつ網膜や視神経などを侵していきます。

正常眼圧緑内障

房水の排出口が塞がっておらず、眼圧も正常であるにもかかわらず、視神経が傷害を受けている、という緑内障です。
自覚症状もありません。現在もっとも多いタイプです。

緑内障の検査

1. 視野検査

視野計という器械を使って、視野が欠けていないか検査

2. 眼底検査

眼の奥の視神経などに異常がないか検査

3. 眼圧検査

正常値でも要注意

ご心配のある方は、早めに眼科専門医の診療所で、検査を受けられることをお勧めします。

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズを着けて眼を悪くした人が毎日何人も受診されます。
コンタクトレンズは最近、安全なものと思われているようで、安易に眼科医の診察を受けずに、安価なところで買って使用している方のトラブルが急増しております

コンタクトレンズは医療用器具です

眼科医の検診指示なしに使用していると、危険な障害を起こすことがあります。
メガネとは異なり眼の中に入れるものであるので、常に清潔に保ち、無理な装用は避けなければなりません。
そのためには充分なコンタクトレンズの管理と、長時間装用を避けるためのメガネの併用が必要です。

コンタクトレンズのトラブルについて

ゴロゴロする・目ヤニなどの自覚症状がある場合だけではありません。
自覚症状がなくても、眼の中に重大な変化が起こり進行していく場合もあります。
この場合、コンタクト装用の中止を余儀なくされることもありますので、必ず定期検診が必要です。

コンタクトレンズを選ぶ時のポイント

ポイント1

ハードレンズはソフトレンズに比べて、角膜(黒目)の重篤な合併症が少なく、安全性は高い。
しかし、長く使用していると、黒目の両側の白目に黄色っぽい盛り上がりができて、治らなくなる人もいます。

ポイント2

ソフトレンズは涙が潤沢にある眼では、充血が少なく、また、違和感もないため、理想的なレンズと言えます。
しかし、涙が少ない眼では、ソフトレンズはややもすると危険であり、人工涙液の点眼を併用すべきです。

ポイント3

2週間ごとに新しくなるソフトコンタクトがもてはやされていますが、コンタクトは新しくなれば良いのではありません。
質が問題です。
質の良いソフトコンタクトは表面の劣化や汚れが少なく、涙の交換がスムーズです。
2週間毎交換レンズなど、ディスポ系のレンズはすべて「モールド製法(たいやき式)」で、分子構造の仕上がりが粗雑で表面が傷みやすいという欠点があります。
2週間毎に交換しているから安心という考えは誤りで、定期検査を受けてください。

ポイント4

コンタクトが汚れるのは、コンタクトの表面の物理化学的な性質と、その人の涙の性状との折り合いが悪いからです。
すなわち、コンタクトの表面が涙の成分を吸着しやすくなっているのです。
汚れを洗い落としても、眼に着けるとまた汚れてしまいます。
コンタクトの種類を変えるのが確実な解決法です。
できればメーカーを変えるべきです。

ドライアイ(コンタクトレンズ装着時)

ドライアイ(コンタクトレンズ装着時)

コンタクトレンズは黒目、つまり角膜の上に直接 乗っているわけではありません。
角膜とコンタクトレンズの間では、涙が潤滑液となって目を保護しています。
涙は黒目の表面(角膜)を膜状におおうことによって角膜を保護しています。
ドライアイとは、涙による保護効果が不充分な為に引き起こされる病気です。

コンタクトレンズを装用時の目の負担

目の表面には、まばたきの度に新鮮な涙が運び込まれています。
しかしコンタクトレンズで角膜にフタをした状態になると、まばたきによる涙の交換率は低下し、ハード装用時では約20%、ソフトでは2~3% になります。
コンタクトレンズを装用すると、目に負担が掛かるのです。

【目の乾きやすい人がコンタクトレンズを使うと】

  • ・角膜表面のキズが広がる。
  • ・酸素や栄養分を運ぶ力が下がる。
  • ・細菌に対する抵抗力が下がる。
  • ・潤滑液としての働きが下がる。

ドライアイの検査

眼科では、基本的な目の検査や涙の質や量を調べてドライアイであるかを検査します。
ドライアイかな?と気になったら、まずは眼科で涙の量をチェックしましょう。